のど・はなのお悩み解決サイトで、健康を応援監修:東京女子医科大学 第一内科学講座 主任教授 玉置 淳

監修:東京女子医科大学 第一内科学講座 主任教授 玉置 淳

のど・はなに良い薬膳レシピ

季節や体調に合わせた、
のどにおすすめの食材を使用した薬膳レシピをご紹介します。

春のレシピ

ナツメとトラジのお茶

風邪のサインを感じたらナツメとトラジのお茶

急な寒気やだるさ、のどの痛みなど、風邪のサインを感じたら、ナツメとトラジのお茶がおすすめです。生薬としても使われていて、少し苦みのあるトラジ(桔梗の根)に、甘味のあるナツメを加えることで飲みやすくなります。

イチゴとミントのドリンク

のどの痛みを和らげて熱を鎮めるイチゴとミントのドリンク

イチゴのほどよい酸味が唾液の分泌を促してのどを潤し、のどの痛みや空咳を和らげます。さらにのどの腫れや痛みを改善するミントを合わせて、のどからくる熱を冷ましましょう。

白玉風長いものゆずあんかけ

栄養たっぷりのもちもち団子白玉風長いものゆずあんかけ

風邪の後などで食欲がないときは、栄養価の高い"長いも"の一口団子がおすすめです。気の巡りをよくし、肺や胃腸を丈夫にするといわれる"長いも"は、白玉粉と混ぜることで食べやすいお団子に。たんを切って呼吸をラクにするゆずには、胃腸の働きをよくする効果も期待できます。

大根・ワカメ・菊花の三杯酢和え

溜まった脂を溶かしながら余分な水分を排出大根・ワカメ・菊花の三杯酢和え

内臓についた脂は代謝を悪くするので、からだに溜まった脂を溶かす力のある大根で取り除きましょう。さらに、余分な水分を排出するわかめと、体内にこもった熱や炎症を取ってくれる菊花がアレルギーの症状を鎮めます。

赤じそとハイビスカスのプルプルジェル

せきやのどがイガイガするときに赤じそとハイビスカスのプルプルジェル

ぜん息、咳止めなどの症状にも用いられる赤じそには、花粉症の原因といわれる糖と脂肪の吸収を抑えるロズマリン酸が含まれています。また、アレルギーでのどに炎症が起きているときは、のどのイガイガを抑えてくれるハイビスカスを加えてみましょう。

あさりと大根の炒め煮

旬の食材で食べ過ぎによる「せき」を防ぐあさりと大根の炒め煮

春が旬のあさりは、肝機能を高めるとともに、「たん」の絡む「せき」を鎮めます。また、胃腸の機能を整え、肺を潤す大根にも、のどの痛みや「せき」、「たん」を改善する働きがあります。

アスパラガスとたけのこの鶏肉スープ

のどの調子を整え、せきを抑えるアスパラガスとたけのこの鶏肉スープ

のどの渇きを和らげるアスパラガスと「たん」を取りのぞくタケノコを合わせて、のどの調子を整えましょう。鶏肉は、体の気を養い、「せき」を鎮めます。

夏のレシピ

ミントたっぷりなバナナミルク

肺の熱を取って潤し、たんやせきを鎮めるミントたっぷりなバナナミルク

黄色や緑色などの膿を含んだたんが出るときは、体内にこもった余分な熱を冷まし、肺を潤すバナナと体を潤す牛乳を合わせて摂りましょう。そこに、のどの痛みや熱をとるミントを加えれば、相乗効果が期待できる上に飲み心地もさわやかです。

冷製蒸し鶏とハト麦の夏サラダ

余分な水分を外に出してからだの冷えを防ぐ冷製蒸し鶏とハト麦の夏サラダ

梅雨の時期は、空気中の湿度が高く新陳代謝が落ち、汗が出にくくなるため、むくみやすくなります。ハト麦やとうもろこし、スナップエンドウなどの利水効果がある食材を摂って、余分な水分をからだから排出するようにしましょう。ただし、利水効果のある食材はからだを冷やすことがあります。冷えもむくみの要因なので、からだを温める鶏肉と一緒に摂るとよいでしょう。

緑豆の冷たいお汁粉

余分な熱と水分をとりのぞく夏にぴったりの甘味緑豆の冷たいお汁粉

暑さから水分を摂りすぎてしまう夏は、からだの余分な熱を取り、のどの渇きを抑える緑豆がおすすめです。砂糖の中でもからだを冷やしすぎない黒砂糖やのどの渇きを抑えて肌にもよいといわれるココナッツミルクで味付けをすれば、あっさりとした甘さの夏スイーツの完成です。さらに、ウリ科のメロンやスイカと一緒に食べて、余分な水分を外に出しましょう。

トマトとセロリとたまごの炒めもの

夏バテで食欲がないときも食べやすいたまご料理トマトとセロリとたまごの炒めもの

夏の疲れが溜まると、からだの気が落ちてだるさを感じ、夏風邪をひきやすくなってしまいます。暑さで食欲がないときこそ、血を補い体力を回復させるたまごがおすすめです。また、からだの熱を冷ますトマトやセロリの独特の香りであるアイピンは夏バテによる食欲不振に効果的です。

豆腐とトマトのサラダ きゅうりとセロリのソースがけ

夏が旬の食材で、のどの痛みを和らげて豆腐とトマトのサラダ きゅうりとセロリのソースがけ

トマト、きゅうり、セロリ、豆腐には、のどにこもる熱を冷まし、体内の水分バランスを整える作用があります。さらに、ピリッとした辛みのある大葉が、体を温めるとともにせきも鎮めます。

秋のレシピ

カリンはちみつ茶

のどを潤し、乾燥から守るカリンはちみつ茶

冬に向かって空気が乾燥してくる時期です。乾燥による咳や風邪対策に、肺を潤すカリンのはちみつ漬けを作り置きしておくと便利です。あたたかいお湯に溶かして湯気を吸いこみながら、1日何回かに分けて飲むと効果的です。

生レモンたっぷりレモネード

のどの乾燥を防いでからだもホカホカ!生レモンたっぷりレモネード

レモンは、のどの粘膜を潤し、代謝を高める効果があるだけでなく、ビタミンCが豊富で免疫力もアップさせる食材です。かぜの引きはじめやのどに不調を感じたら、からだをあたためて発汗を促すしょうがと、肺を潤してせきを止めるはちみつを一緒に摂取しましょう。

菊花&ミントティー

さわやかな香りでのどの痛みをとる菊花&ミントティー

日本では昔から食されてきた菊は、からだの熱を取る効果があるといわれています。同じように、ミントは気の流れをよくしつつ、解毒・解熱作用があるので、熱があるときに適しています。また、清涼感のあるさわやかな味わいで、のどの腫れや痛みの改善にもおすすめです。

五味子ゼリーと蓮の実あんの2色パフェ

プルプル&ホクホクの食感が楽しい五味子ゼリーと蓮の実あんの2色パフェ

乾いたせきがなかなか止まらないときは、肺を潤す五味子と蓮の実がおすすめです。五味子のさわやかな酸味と、蓮の実のホクホクとした食感が楽しいパフェなら、なかなかお薬が飲めないお子さんも食べやすいでしょう。一緒に食べるくだものには、のどや肺を潤すぶどうや梨、咳やたんを鎮めるびわ、ビタミンがたっぷりのイチゴなどがおすすめです。

銀杏&百合根のごはん

せきを抑えて肺を潤すホクホクごはん銀杏&百合根のごはん

空気が乾燥し始めるこの時期は、のどのイガイガが気になったり、せきが出でやすくなります。そこで、肺や気管を潤し、不足している体液を養う働きのある百合根と、肺の働きを助け、せきをしずめる銀杏を合わせて摂りましょう。

蒸し野菜の黒ごまソースがけ

栄養と旨みを凝縮してからだを冷やさない温野菜サラダ蒸し野菜の黒ごまソースがけ

寒さと乾燥から、かぜを引きやすくなる時期です。肺をうるおす長いも、粘膜を強くするかぼちゃ、せきを止めるだいこん、血を補う事でからだに潤いを与えるにんじんを蒸すことで、栄養も旨みもしっかり摂りましょう。さらに味付けには、肝腎を養う事で季節柄からだに不足しがちな潤いを与える黒ごまやからだを温める黒砂糖で作ったソースがおすすめです。

えび、くるみ、にら、長ねぎの炒め

からだを温めて気を巡らし免疫力を高めるえび、くるみ、にら、長ねぎの炒め

からだが冷えると免疫力がさがり、かぜやインフルエンザウイルスにかかりやすくなってしまいます。そこで、からだを温める食材を積極的に摂りましょう。腎の働きを高めからだを温めるえびやニラ、肺の機能を高めるくるみ、からだを温めて気の巡りをよくする長ねぎに、寒気やのどの痛みを鎮める菊花、肺をうるおす枸杞の実を合わせて、からだに冷えを入れないように気をつけましょう。

梨と白きくらげのコンポート

肺を潤しながら秋の味覚を味わって梨と白きくらげのコンポート

秋の果物である梨は、肺を潤し、熱やのぼせなどの熱症状を改善し、のどの乾燥や粘り気のある「たん」、「せき」、のどの炎症といった、のどの不快症状を和らげます。さらに、肌や粘膜を潤すといわれる白きくらげと、肺を潤しながらせきを鎮めるはちみつを合わせると相乗効果が期待できます。

冬のレシピ

キンカン茶

長引くせきやたんにキンカン茶

風邪のあとに、せきやたんが残ってしまったときは、キンカンを煮た汁を数回に分けて飲むとよいでしょう。肺を潤してせきを抑えるはちみつを加えるとさらに効果的です。キンカンはビタミンCなども豊富なので、風邪で熱があるときにもおすすめです。

はちみつ入りしょうが番茶

ゾクゾクとした寒気を感じた時にはちみつ入りしょうが番茶

急な寒気には、からだを即座に温め、発汗を促すしょうが入りの番茶がおすすめです。しょうがの皮には、発汗作用のある物質が多く含まれるので、皮をむかずに摂取してください。さらに、はちみつを加えると、肺を潤してせきを抑えるだけでなく、しょうがの辛みがまろやかになって飲みやすくなります。

にんじんジュース

のどの粘膜を強化して免疫力をアップ!にんじんジュース

にんじんは、腸の調子を整え、肝機能をよくし、免疫力を高めるだけでなく、粘膜を強くするカロテンが含まれています。皮膚の粘膜を強化するビタミンCを含んだレモンと一緒に摂取することで、さらにそれぞれの栄養素を効果的に摂取できます。

百合根の茶きん絞り

ほんのり甘くて栗のような味わい百合根の茶きん絞り

秋から冬の乾燥からのどや肺を守りたいときには、百合根を上手に取り入れましょう。肺や気管を潤し、不足している体液を養う働きのある百合根に、肺を潤すはちみつを加えればさらに効果的です。お好みで、腎臓を温め、喘息や冷えにもよいとされるくるみも加えるとよいでしょう。

大根たっぷりのふわふわ雪見粥

食欲がなくせきの出るかぜを引いたら大根たっぷりのふわふわ雪見粥

大根は、胃腸の調子を整え、肺を潤し、せきを鎮める効果があります。柚子も大根と同じく、「せき」を止めたり、「たん」の切れをよくする食材です。また、ニラは肝・腎・胃の働きを高めながらからだを温めるので、風邪だけでなく冷え予防にもおすすめです。

蓮根と海老の葛あんかけ揚げ団子

コンコンとした乾いたせきが続くかぜに蓮根と海老の葛あんかけ揚げ団子

「せき」が続くかぜのときは、肺にたまった炎症の熱を冷まし、肺を潤すといわれる蓮根がおすすめです。また、腎を養いながら身体を温めるエビを合わせて、熱を発散するためのエネルギーを補いましょう。さらに、葛のあんかけを団子にかければ、冷えたからだを芯から温めてくれます。

ホタテと長ねぎの里芋グラタン

のどの痛みやたんが出るかぜにホタテと長ねぎの里芋グラタン

のどが痛んで、たんが出るかぜを引いたら、肝・腎を養いからだの水分を補うホタテや、同じく水分を補ってたんやせきを切る里芋を食べてのどを潤しましょう。また、豆乳ものどの渇きを潤し、気管の炎症熱をとるのでおすすめです。発汗作用のある長ねぎも合わせて、寒気や冷えを取り除きからだを温めましょう。

黒豆とハト麦のご飯

余分な水分を出してむくみを解消黒豆とハト麦のご飯

黒豆は、からだを温め、体内の余分な水分を除く作用があります。また、ハト麦は脾の働きを助けて、水分や血液の代謝を促すと同時に、からだの中の老廃物を排出し、胃腸の調子を整えてくれます。

梨と銀杏の炒めもの

「せき」が止まらないときに梨と銀杏の炒めもの

冬の始まりに「せき」が出るようなら、肺やのどを潤す梨と肺の働きを助ける銀杏を一緒に摂りましょう。銀杏は、肺の働きをよくするため、慢性的なぜんそくを改善する効果も期待できます。

山いも

山いも

山いもとは、長いも、自然薯、大和いもの総称。粘り気に含まれるムチンには保水性があり、呼吸器系や口の渇きを潤します。

この食材のレシピを見る

はちみつ

はちみつ

呼吸器系を潤してせきを止めます。殺菌効果があり、お湯に溶かして湯気を吸いながら飲むと、鼻の症状と乾いたせきに効果があります。

この食材のレシピを見る

杏仁

杏仁

杏仁とは杏の種のこと。薄皮をとった種を水に浸し、水ごとミキサーにかけてガーゼなどでこした汁に薬効があります。たんの多いせきを鎮める作用が期待できます。

この食材のレシピを見る

百合根

百合根

乾いたせきを止める効果がありますが、多少からだを冷やす作用があるので、冷え性タイプの方は食べ過ぎに注意して摂取してください。

この食材のレシピを見る

蓮根

蓮根

呼吸器系の熱を冷まし、肺を潤す効果があります。ただし、生で食べる場合は、からだ全体も冷やしてしまうので注意してください。

この食材のレシピを見る

梨

水分を生み出し、肺を潤し、絡んだたんを流す効果があります。せきがひどいときは、すり下ろした梨を温めて食べると効果的です。

この食材のレシピを見る

白きくらげ

白きくらげ

ヌメリ成分であるムコ多糖を多く含み、空咳や口の渇きに効果があります。優れた滋養強壮作用があるといわれ、肌を潤す効果があるといわれています。

この食材のレシピを見る

クコの実(枸杞子)

クコの実(枸杞子)

呼吸器系や腎の虚弱からくる慢性のせきや喘息などに効果があります。ビタミン類やミネラル類など栄養も豊富です。

この食材のレシピを見る

菊花

菊花

のどの痛みやせきなどに効果があります。目の渇きや充血緩和にもおすすめです。効果をより期待したい方は、中国茶などを扱っている店の「抗菊花」がおすすめです。

この食材のレシピを見る

銀杏

銀杏

喘息のせきやたんの多いせきに効果的です。ただし、胃の弱い方、妊婦、小児は注意して摂取しましょう。

この食材のレシピを見る

大根

大根

呼吸器系の熱や黄色いたん、声枯れに効果的です。はちみつに漬け込んだ大根の汁を湯で割って飲むと、せきが止まるといわれています。

この食材のレシピを見る

赤じそ(紫じそ)

赤じそ(紫じそ)

発汗、発熱、せき、のどのつまり感に効果的です。香りが強いものほど、制菌作用があるといわれています。

この食材のレシピを見る

カリン

カリン

せき、たん、喘息など、呼吸器系の症状に聞くといわれており、漢方の生薬としても利用されています。生では固く渋みが強いので、はちみつ漬けや果実酒にして摂取しましょう。

この食材のレシピを見る

豆乳

豆乳

熱っぽく、鼻や口に渇きを感じるときに効果的です。気管支が弱い方にはおすすめですが、冷え性の方やお腹が張りやすい方は控えてください。

この食材のレシピを見る

長ねぎ

長ねぎ

気や血の巡りをよくし、冷えからくる風邪やせきに効果的です。更年期の方や汗かきの方は摂りすぎに注意しましょう。

この食材のレシピを見る