のど・はなに良い薬膳レシピ

季節や体調に合わせた、のどにおすすめの食材を使用した薬膳レシピをご紹介します。

監修:一般社団法人国際発酵食医膳協会 代表理事、「食医膳プロフェッサー・伝統発酵醸師マイスター」 河合 由記
~「食べる」を見直したら「内側から美しい生き方」が見えてきたを合言葉に食医膳と発酵食を広く伝えている~

薬膳とは

薬膳とは、漢方の考え方に基づいて、季節や体調に合わせて食材を選んで作る料理のこと。中国には、食材にも薬と同じようにからだを治す効果があるという「医食同源(いしょくどうげん)」という考えがあります。近代になって、この考え方に基づく料理を「薬膳」と呼ぶようになりました。

薬膳を実践するには、まず食材の持っている性質や味を知ることが大切です。また、薬膳料理は、即効性のある薬とは違うため、同じ食材を1~3日食べつづける必要があります。ただし、食べ過ぎは、逆にからだに毒となるため、自分の体調をみながら食べるようにしましょう。

春の薬膳 2015

花粉症に効く薬膳

花粉症は、体質や食事の不摂生、過労、寝不足、ストレスの積み重ねに加え、水分代謝の失調などによって現れ、肺・脾・腎が弱ると症状が増長しやすくなります。水分代謝が悪くならないよう、水分をからだに溜めやすくするアルコールや糖分の摂取は控えるようにしましょう。さらに、からだの水分バランスとともに、血液も汚れやすくなる(瘀血)ので、アレルギーが発症する時期の約2ヵ月前から、動物性たんぱく質や甘いものを摂りすぎないようにし、体質改善を心掛けるとよいでしょう。

溜まった脂を溶かしながら余分な水分を排出 大根・ワカメ・菊花の三杯酢和え

内臓についた脂は代謝を悪くするので、からだに溜まった脂を溶かす力のある大根で取り除きましょう。さらに、余分な水分を排出するわかめと、体内にこもった熱や炎症を取ってくれる菊花がアレルギーの症状を鎮めます。

溜まった脂を溶かしながら余分な水分を排出 大根・ワカメ・菊花の三杯酢和え

材料(2人分)

大根
100g
わかめ
10g
菊花
2房(1房10g)
酢(菊をゆでる用)
小さじ1
三杯酢
(醤油・みりん・酢を同量で合わせる)
適宜
花粉症にきく食材
  • 大根

    大根

  • 菊花

    菊花

  • わかめ

    わかめ

作り方
  1. 大根を細千切りにして、軽く塩でもんで水分が出たら絞る。
  2. わかめは、さっとゆでて、軽く水気を切る。
  3. 菊は花びらをばらして、小さじ1の酢を入れたお湯でさっと茹でた後、軽く水気を切る。
  4. (1)(2)(3)合わせて、三杯酢で和える。

調理&摂取ポイント

生の大根より切干大根のほうが、かただに溜まった余分な脂を溶かす効果が高いといわれています。水で戻す時間があるときは、生の大根の代わりに切干大根を使ってみましょう。菊を茹でるときは、酢を入れるときれいな色に茹であがります。

せきやのどがイガイガするときに 赤じそとハイビスカスのプルプルジェル

ぜん息、咳止めなどの症状にも用いられる赤じそには、花粉症の原因といわれる糖と脂肪の吸収を抑えるロズマリン酸が含まれています。また、アレルギーでのどに炎症が起きているときは、のどのイガイガを抑えてくれるハイビスカスを加えてみましょう。

せきやのどがイガイガするときに 赤じそとハイビスカスのプルプルジェル

材料(2人分)

乾燥赤じそ
大さじ3 (ハイビスカスを入れる場合は、赤じそ大さじ2、ハイビスカス大さじ1)
500cc
粉寒天
2g
甜菜糖
大さじ1
枸杞の実
2、3個(飾る程度)
のどにいい食材
  • 乾燥赤じそ

    乾燥赤じそ

  • 乾燥ハイビスカス

    乾燥ハイビスカス

  • 枸杞の実

    枸杞の実

作り方
  1. 赤じそ(赤じそとハイビスカス)を分量の水で煮出す。
  2. 粉寒天を煮溶かし、甜菜糖を加える。甘すぎは水分代謝を悪くするので、甜菜糖はかすかな甘味になる程度に加える。
  3. 容器に入れ、冷蔵庫で冷やしたら、最後に枸杞の実を飾る。

調理&摂取ポイント

寒天は、水が沸騰してから入れましょう。寒天を入れたら、そのまま少し火にかけてしっかり溶かして容器に入れてください。寒天の量を少なめにすることで、かたくならずにプルプルとした食感になります。

一覧に戻る