のど・はなに良い薬膳レシピ

季節や体調に合わせた、のどにおすすめの食材を使用した薬膳レシピをご紹介します。

監修:健やか料理研究家、管理栄養士、国際中医師、国際薬膳師、遼寧中医薬学院日本校薬膳講師 植木もも子

薬膳とは

薬膳とは、漢方の考え方に基づいて、季節や体調に合わせて食材を選んで作る料理のこと。中国には、食材にも薬と同じようにからだを治す効果があるという「医食同源(いしょくどうげん)」という考えがあります。近代になって、この考え方に基づく料理を「薬膳」と呼ぶようになりました。

薬膳を実践するには、まず食材の持っている性質や味を知ることが大切です。また、薬膳料理は、即効性のある薬とは違うため、同じ食材を1~3日食べつづける必要があります。ただし、食べ過ぎは、逆にからだに毒となるため、自分の体調をみながら食べるようにしましょう。

夏の薬膳 2014

夏のかぜには、"暑さによる疲労"からくるかぜと"冷房の冷え"からくるかぜがあります。暑さが厳しい時は、体を潤して熱を取り、消化の良いもので胃腸の働きを整えます。また、冷たい飲み物を摂りすぎたときは、胃を温める食材を摂って、冷やしすぎないように意識することが大切です。

夏が旬の食材で、のどの痛みを和らげて 豆腐とトマトのサラダ きゅうりとセロリのソースがけ

トマト、きゅうり、セロリ、豆腐には、のどにこもる熱を冷まし、体内の水分バランスを整える作用があります。さらに、ピリッとした辛みのある大葉が、体を温めるとともにせきも鎮めます。

夏が旬の食材で、のどの痛みを和らげて 豆腐とトマトのサラダ きゅうりとセロリのソースがけ

材料(2人分)

豆腐(絹)
1/2丁
トマト
大1個
大葉
10枚
きゅうり
1本
セロリ
(葉のついている方)
1/3本
レモン汁
大さじ1
オリーブ油
大さじ1と1/2
適宜
のどにいい食材
  • トマト

    トマト

  • 大葉

    大葉

  • 豆腐

    豆腐

  • セロリ

    セロリ

  • きゅうり

    きゅうり

  • レモン

    レモン

作り方
  1. 豆腐は、ペーパータオルでしっかり水気を切ってから2cm角に切る。トマトは皮を湯むきしてから2cm角に切る。
  2. きゅうりをすりおろし、セロリはみじん切りにして、ボールに入れる。
  3. ②にレモン汁、オリーブ油、塩を入れてよく混ぜ合わせる。さらに①も加えてよく和え、最後に刻んだ大葉をのせる。

調理&摂取ポイント

1日中冷房の効いた室内にいて体が冷えている人は、温かい飲み物、食べ物と一緒に摂るよう心がけましょう。シナモン、干ししょうがなど体の芯から温めるものをプラスするとさらによいでしょう。

肺の熱を取って潤し、たんやせきを鎮める ミントたっぷりなバナナミルク

黄色や緑色などの膿を含んだたんが出るときは、体内にこもった余分な熱を冷まし、肺を潤すバナナと体を潤す牛乳を合わせて摂りましょう。そこに、のどの痛みや熱をとるミントを加えれば、相乗効果が期待できる上に飲み心地もさわやかです。

肺の熱を取って潤し、たんやせきを鎮める ミントたっぷりなバナナミルク

材料(2人分)

バナナ
2本
牛乳
300cc
ミント
10~15枚
のどにいい食材
  • ミント

    ミント

  • バナナ

    バナナ

作り方
  1. バナナを2cm大程度に切る。ミントは洗って、よく水気をきる。
  2. ミキサーに入れて、牛乳、蜂蜜を加えて混ぜる。
  3. よく混ざったらグラスに注ぐ。

調理&摂取ポイント

ミントは、体を冷やす作用が強いので、冷え症の人は量を少なめにするか、体を温めるものと一緒に食べましょう。また、バナナは血糖を上げやすいため、糖尿病の方は避けたほうがよいでしょう。

せきやたん、のどの痛み、のどのすべての症状に びわ入り杏仁豆腐

のどの調子を整え、せきを抑えるアスパラガスとたけのこの鶏肉スープ

材料(2人分)

杏仁霜
(きょうにんそう)
大さじ3
びわのシロップ漬け
5個
ゼラチン
5g
牛乳
300cc
100cc
作り方
  1. 水100cc(分量内)を入れた鍋に杏仁霜を加えてよく溶かす。そこへ、ゼラチンをふり入れてふやかす。
  2. ①に牛乳を加えて火にかける。沸騰しないように弱火でゼラチンが溶けるまで加熱する。
  3. ②を火からおろして、粗熱をとる。
  4. びわのシロップ煮を角切りにしておき、③にとろみがついてきたら混ぜ入れる。
  5. ⑤を容器に入れて、冷蔵庫で1、2時間冷やし固める。

調理&摂取ポイント

甘みが欲しいときは、鍋を火からおろしたところで、はちみつを加えましょう。また、びわが手に入る時期なら、フレッシュなびわを使ってもよいでしょう。甘すぎず、自然な甘さが味わえます。ただし、フレッシュなびわは、食べ過ぎるとおなかをこわすことがあるので、多くても1日2個程度にしましょう。

一覧に戻る