トップ > のど・はな症状一覧 > いびきをかく

のど・はなの症状

いびきをかく

いびきをかく

いびきは、寝ているときになんらかの原因で、口や鼻、のどにかけての空気の通り道が狭くなり、呼吸をするときに舌のつけ根やのどの柔らかい粘膜が振動することで発生します。

子どものいびき

扁桃アデノイド肥大が原因として考えられます。いびきがひどく、夜ぐっすりと眠れない場合は、医師と相談し、扁桃やアデノイドを切除すべきかどうか判断してもらいましょう。

大人のいびき

子どもと同じような扁桃肥大に加えて、ひどい鼻づまりや過労、アルコール、肥満、加齢などいろいろな原因があります。鼻の治療をする、寝るときの枕を変える、横向きに眠る、マウスピースをすることで、いびきが改善する場合も多いので、気になるときは医師に相談してみましょう。

なかでも毎晩のようにいびきを かき、1時間のうちに10回以上呼吸が止まる場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。血圧の上昇や昼間に強い眠気を起こすことがあるので、きちんと検査をして、適切な治療を受けたほうがよいでしょう。

緊急を要するいびき

普段、ほとんどいびきをかかない人が突然ひどいいびきをかく場合は、脳卒中によるいびきの可能性があります。いびきがひどく、起こしても起きない場合は、すぐに救急車を呼び、病院で診てもらいましょう。

一覧に戻る