のど・はなに良い薬膳レシピ

季節や体調に合わせた、のどにおすすめの食材を使用した薬膳レシピをご紹介します。

監修:一般社団法人国際発酵食医膳協会 代表理事、「和薬膳療法士・伝統発酵醸師師範」 河合 由記
~「食べる」を見直したら「内側から美しい生き方」が見えてきたを合言葉に食医膳と発酵食を広く伝えている~

薬膳とは

薬膳とは、漢方の考え方に基づいて、季節や体調に合わせて食材を選んで作る料理のこと。中国には、食材にも薬と同じようにからだを治す効果があるという「医食同源(いしょくどうげん)」という考えがあります。近代になって、この考え方に基づく料理を「薬膳」と呼ぶようになりました。

薬膳を実践するには、まず食材の持っている性質や味を知ることが大切です。また、薬膳料理は、即効性のある薬とは違うため、同じ食材を1~3日食べつづける必要があります。ただし、食べ過ぎは、逆にからだに毒となるため、自分の体調をみながら食べるようにしましょう。

春の薬膳 2017

風邪のサインを感じたら ナツメとトラジのお茶

急な寒気やだるさ、のどの痛みなど、風邪のサインを感じたら、ナツメとトラジのお茶がおすすめです。生薬としても使われていて、少し苦みのあるトラジ(桔梗の根)に、甘味のあるナツメを加えることで飲みやすくなります。

風邪のサインを感じたら ナツメとトラジのお茶

材料(2杯分)

ナツメ
1、2個
トラジ
20g
のどにいい食材
  • ナツメ

    ナツメ

  • トラジ

    トラジ

作り方
  1. ナツメは1つにつき6~8等分に刻む。
  2. トラジを手で小さくちぎる。
  3. ①と②をティーポットに入れ、熱湯を注ぎ6~7分待ってから湯呑に注ぐ。

調理&摂取ポイント

ナツメもトラジも乾燥しているため、刻んだり、ちぎったりすると、お湯を吸いやすくなります。また、成分をしっかり抽出するためにも、お湯は熱湯を注ぐようにしましょう。

栄養たっぷりのもちもち団子 白玉風長いものゆずあんかけ

風邪の後などで食欲がないときは、栄養価の高い"長いも"の一口団子がおすすめです。気の巡りをよくし、肺や胃腸を丈夫にするといわれる"長いも"は、白玉粉と混ぜることで食べやすいお団子に。たんを切って呼吸をラクにするゆずには、胃腸の働きをよくする効果も期待できます。

栄養たっぷりのもちもち団子 白玉風長いものゆずあんかけ

材料(2人分)

長いも
100g
白玉粉
100g
ゆず茶(市販)
適量
のどにいい食材
  • 長いも

    長いも

  • 白玉粉

    白玉粉

  • ゆず茶

    ゆず茶

作り方
  1. 皮をむいた長いもをすり下ろす。
  2. 白玉粉に①を少しずつ加えてこねる。耳たぶくらいの柔らかさになったら一口大に丸める。
  3. ②を沸騰したお湯に入れて茹でる。しばらくして、浮き上がってきたら冷水にとる。
  4. 市販のゆず茶にお好みで水を加えて柔らかく伸ばし、あんを作る。
  5. ③をお皿に並べ、その上から④をかける。

調理&摂取ポイント

団子は丸めてから真ん中を潰して茹でると芯まで早く茹で上がります。白玉粉をこねるときは、水を加えずに、すり下ろした長いもを少しずつ加えて、ちょうどよい柔らかさに調整してください。

一覧に戻る