のど・はなに良い薬膳レシピ

季節や体調に合わせた、のどにおすすめの食材を使用した薬膳レシピをご紹介します。

監修:一般社団法人国際発酵食医膳協会 代表理事、「和薬膳療法士・伝統発酵醸師師範」 河合 由記
~「食べる」を見直したら「内側から美しい生き方」が見えてきたを合言葉に食医膳と発酵食を広く伝えている~

薬膳とは

薬膳とは、漢方の考え方に基づいて、季節や体調に合わせて食材を選んで作る料理のこと。中国には、食材にも薬と同じようにからだを治す効果があるという「医食同源(いしょくどうげん)」という考えがあります。近代になって、この考え方に基づく料理を「薬膳」と呼ぶようになりました。

薬膳を実践するには、まず食材の持っている性質や味を知ることが大切です。また、薬膳料理は、即効性のある薬とは違うため、同じ食材を1~3日食べつづける必要があります。ただし、食べ過ぎは、逆にからだに毒となるため、自分の体調をみながら食べるようにしましょう。

秋の薬膳

のどを潤し、乾燥から守る カリンはちみつ茶

冬に向かって空気が乾燥してくる時期です。乾燥による咳や風邪対策に、肺を潤すカリンのはちみつ漬けを作り置きしておくと便利です。あたたかいお湯に溶かして湯気を吸いこみながら、1日何回かに分けて飲むと効果的です。

カリンはちみつ茶

材料(数杯分)

カリン
1個
はちみつ
500ml程度
保存用のビン
(容量500ml)
のどにいい食材
  • カリン

    カリン

作り方
  1. 生のカリンをきれいに洗い、皮をむかずにそのまま5mm程度の厚さにスライスする。
  2. ①を500ml程度の大きさのビンに入れ、カリンがしっかり浸かるまでハチミツを注ぐ。
  3. ②を1ヶ月ほど冷蔵庫で保存。カリンからエキスが出たら飲みごろ。
  4. 飲むときは、③からカリンの実と汁の適量をカップに取りわけ、お湯を注いで溶かす。

調理&摂取ポイント

カリンを漬け込むときは、はちみつをビンの口いっぱいまで入れて、なるべく酸素が入らないようにしましょう。ビンを開封したら、冷蔵庫で保存し、2ケ月くらいで飲み切るようにしましょう。

プルプル&ホクホクの食感が楽しい 五味子ゼリーと蓮の実あんの2色パフェ

乾いたせきがなかなか止まらないときは、肺を潤す五味子と蓮の実がおすすめです。五味子のさわやかな酸味と、蓮の実のホクホクとした食感が楽しいパフェなら、なかなかお薬が飲めないお子さんも食べやすいでしょう。一緒に食べるくだものには、のどや肺を潤すぶどうや梨、咳やたんを鎮めるびわ、ビタミンがたっぷりのイチゴなどがおすすめです。

五味子ゼリーと蓮の実あんの2色パフェ

材料(2人分)

五味子
20~30g
400ml
黒砂糖
約20g
かんてん粉
4g
蓮の実
50g
生クリーム
50㏄
ぶどう
(季節のくだものでもよい)
2粒
のどにいい食材
  • 五味子

    五味子

  • 黒砂糖

    黒砂糖

  • 蓮の実

    蓮の実

作り方
  1. 五味子をさっと水洗いし、400mlの水に半日ほど浸しておく。
  2. 蓮の実も半日ほど水に浸しておき、柔らかくなったら水を捨てる。蓮の実はふやけたら、中心にある芽を取り除く。
  3. ①を鍋に入れ、かんてんを加えてよく混ぜる。火にかけて沸騰させ、かんてんが溶けたら火を止めて器に流し込む。
  4. ③の容器を冷水につけて、粗熱を取って固める。
  5. ②を鍋に入れ、蓮の実の3倍ほどの深さまで水を加える。火にかけ、水が3分の1程度になるまで煮詰めたら、黒砂糖を加えて、焦がさないように気をつけながら水がなくなるくらいまで煮詰める。
  6. ⑤をミキサーにかけ、少しペースト状になってきたら、生クリームを少し加えて再度ミキサーにかける。よく混ざったら、残りの生クリームを加えてさらに混ぜる。
  7. ④のゼリーが固まったら、⑥を上に盛り、好みで季節のくだものを飾る。

調理&摂取ポイント

五味子はお湯で戻すと苦みが出てしまうので、水に浸し、半日かけてゆっくり戻しましょう。蓮の実の中にある芽は苦みの原因になります。水を吸って柔らかくなったら、実を割って、しっかり取り除くようにしましょう。

一覧に戻る