トップ > のど・はなケア手帳 No.1 正しい手の洗い方

のど・はなケア手帳

間違った方法で手洗いをしていては、病気の予防になりません。
「のど・はなケア手帳」では、病気予防の正しい方法をご紹介します!

No.1 正しい手の洗い方

外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。ウィルスは石けんに弱いため、次の正しい方法で石けんを使いましょう。

手洗い前に 爪は短く切っておきましょう 時計や指輪は外しておきましょう

  1. 1.流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。
  2. 2.手の甲をのばすようにこすります。
  3. 3.指先・爪の間を念入りにこすります。
  4. 4.指の間を洗います。
  5. 5.親指と手のひらをねじり洗います。
  6. 6.手首も忘れずに洗います。

石けんで洗い終わったら、十分に水を流し、清潔なタオルやペーパーでよく拭き取って乾かしましょう。

出典:厚生労働省ホームページ【インフルエンザの感染を防ぐポイント「手洗い」「マスク着用」「咳(せき)エチケット」】より