トップ > 健康対談 市川染五郎さん×泉澤惠先生 2ページ目

健康対談

市川染五郎さん×泉澤惠先生

健康維持も「自己責任」なのですか?

若手歌舞伎俳優の中心的存在として、伝統の探求と新しい可能性の開拓を続ける市川染五郎さんが、日本大学薬学部の泉澤惠先生と多くの話題について語り合いました。第二回のテーマは、自分に役立つ薬の選び方と、薬剤師との上手な付き合い方についてです。

「名前を知っている」だけで薬は選べない

「名前を知っている」だけで薬は選べない

泉澤染五郎さんは普段、薬を購入する際どのように製品を選んでいますか。

市川選ぶ基準を自分の中に持ってないので、つい「名前を聞いたことがある」といった理由で選んでしまいがちです。そんないい加減なことではいけないとわかってはいるんですが。

泉澤薬を手にとった時は、まずどこを見ますか。

市川やっぱり表面の商品名の部分に目が行きます。

泉澤そうですよね。私は「デザイン心理学」の研究もしているのでいろいろ実験を行っていますが、ほとんどの方は製品の「顔」だけを見て購入を決めています。でも私たちが一番見ていただきたいのは、薬の分類の部分なんです。

市川どのような分類があるんですか。

泉澤OTC医薬品(薬局やドラッグストアで処方箋なしで購入できる一般用医薬品)は、使用に際して注意が必要な度合いによって、第1類から第3類までの三つに分けられています。このうち第1類は、必ず薬剤師が説明をしたうえで販売しなければいけない、といったことが法律で決まっています。

市川それは今初めて知りました。今度薬局に行ったら、もっと薬剤師さんにいろいろ質問したほうがいいですね。

泉澤ぜひそうしてください。たとえば同じ風邪でも、主症状が熱なのか鼻水なのか、といったことによって適した薬は違います。また、体質や病歴によっては使わないほうがいい薬もありますし、普段使用している持病の治療薬などがある場合も注意が必要です。

市川同じような薬でも、「○○エス」とか「○○プラス」といった名前がいろいろあるのはなぜですか。

泉澤それぞれ使用している成分が少しずつ違うので、人によって「○○エス」は効いても「○○プラス」は効かないということもあり得ます。そういうことも薬剤師に質問してみてください。

専門家と一緒に取り組むセルフメディケーション

市川薬局の薬剤師さんはいつも忙しそうだから、話かけるのは悪いと思っていましたけど、聞くべきことは聞いておかないとせっかくの薬が効かなかったり、かえってマイナスになることもあるんですね。

泉澤その通りです。たくさん質問していただいたほうが、お互いにとってメリットが大きいと思います。染五郎さんのようなスターだと、なかなかご自分では薬局に行きにくいかもしれませんけど。

市川そんなことありません。いつも自分で行きますよ。最近のドラッグストアは薬以外にもいろいろな商品があるから、つい余計なものまで買い過ぎたりしがちですけど(笑)。

泉澤染五郎さんは「セルフメディケーション」という言葉をご存じですか。

市川いいえ、初めて聞きました。

専門家と一緒に取り組むセルフメディケーション

泉澤そのまま日本語にすると「自己治療」となりますが、健康管理に自分で責任を持ち、OTC医薬品等で積極的に手当てをすることです。ただし注意していただきたいのは、誰にも頼らず自己流で取り組むという意味ではありません。

市川薬にも薬剤師にも頼りません、僕は気力だけで治します、というのが「自分で責任を持つ」ということではない?

泉澤そうですね(笑)。信頼できる専門家を見つけて一緒に取り組んでいくことが、本当に責任ある態度だと思います。一般の方は薬についてわからないのが当然ですから、健康づくりのアドバイザーとして、薬剤師などの専門家によく相談してください。

市川わかりました。一度公演が始まれば、絶対に倒れたり寝込んだりできないのが僕らの仕事ですから、役者の責任としてもセルフメディケーションを心がけたいと思います。

プロフィール

歌舞伎俳優 市川染五郎さん

歌舞伎俳優 市川染五郎さん

七代目、屋号は高麗屋。1973年生まれ。
以前は映画・ドラマ出演など他ジャンルにも積極的に取り組んだが「30代は修業の時間」と歌舞伎に集中することを自らに課し、古典はもちろん、時代に合った新たな歌舞伎作品を生み出すことに情熱を注いでいる。

日本大学薬学部薬事管理学 専任講師 泉澤惠先生

日本大学薬学部薬事管理学 専任講師 泉澤惠先生

大学大学院博士課程修了、2006年から現職。博士(医学)。日本医薬品情報学会編集委員、日本薬剤師会一般用医薬品委員。専門は医薬品情報学、一般用医薬品学、デザイン心理学。著書に『OTCメディケーション 虎の巻 改訂版』(日経BP)、共著書に『知っておきたい一般用医薬品 第2版』(東京化学同人)など。

健康対談 阿木燿子さん×渡辺謹三先生